AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その28

「わかっているなら話は早い。ね、頼むわ」
「帰ってダーリンに聞いてみる…」
 千春は同棲している。ダーリンは背の高いおとなしい男だ。彼とは高校生以来の付き合いという。なんと長い。約15年かー。お互いに粘り強いのか、気が長いのか、はたまた他にいい人はいないのか。強烈に愛し合ってる?ううむ。想像しがたいが。
 その3日後…。
「毎日は絶対だめだって。でも、困っているのなら助けてあげなさいって。ウチのダーリンって優しいわー」
『ケッ。いちいちのろけやがって』
「ありがとう。では週末は必ず入ってくださいな」
 週末の繁忙時に由起子と千春の確保が出来た。
「千春が厨房に入ってくれたら楽チンや。あぁ、良かった」
「ははーん。おぬし、なんか、勘違いしてござるな」
「勘違い?」
「そう。勘違い」
 なにやら不吉な悪寒が、いや、予感が。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。