AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その27

 以前からアルバイトに入っていたのが由起子以外にもう一人いた。大島千春。1階の桜咲くころで働いているあだな「シェフ」と言われている60男の娘である。アルコールが入らないと笑わないこの男に対してこの千春、寝ている間以外すべての時間において笑っているという万年躁状態の女性である。
「もう少し入られへんかなー」
「無理でんなー」
「何にもまだ言ってない…」
「泉さんの言おうとすることなんかすべてお見通しどす」
「なんやねん?ワシ何言おうとしてる?」
「お料理が以前のように出てありがたいやら困ったモンやら。料理はワシめんどくさいし、ここは手軽でしかも非常にかわいい千春にしてもらおう。ギャラははずむ。働けよ。ってな感じちゃうの?」
『げっ。図星』
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。