AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その19

 伸ばしたピザ生地にスライスしたフルーツトマトを並べて、溶けるチーズ。…は、ない。菜穂子はモッツァレラミンチという刻んだチーズを乗せていた。が、在庫はもうない。水牛のモッツァレラが冷蔵庫にある。これを適当に切って…。ここで私は悩んだ。バジルを乗せるとバジルが焦げて黒くなる。バジルの葉っぱは出来上がりの時に乗せよう。で、何分焼くんだったっけなー。
「おい。あ、失礼。由起子さん、何分焼くんだった?」
「300度で1分ですよー。本当に大丈夫ですか?」
 由起子は何度も大丈夫か、と聞く。失礼なヤツだ。ま、心配するのもわからんでもないが。って、オーブンは220度になってるやんけ。300度で1分だったら220度は2分くらいで焼けるんだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。