AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その15

 ピアノを置いて、看板を変えても常連さんの顔ぶれは変わらず。まったくもってありがたい。以前から手伝ってくれていた下野由起子は、アルバイトを続けてくれている。普段は、あまり忙しくないが、週末だけは例外的にお客様が来られる時がある。その週末。
「マスター、ペペロンチーノとカルボナーラとマルゲリータが通りました」
 私が厨房で生ハムを切っている時に由起子が伝えた。
「はー?メニューに書いてないやろ」
 ピアノバートップウインになって、パスタとピザはメニューから消した。簡単に切って出せるものや暖めるだけのおつまみ系に変えたのだ。
「でもー…」
 由起子は笑いながら困った顔をする。
「いいよ。言いに行くわ」
 私は厨房から客席に出た。
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。