AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団

指揮:サカリ・オラモ
ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン:諏訪内 晶子
2010年2月28日(日曜日)
兵庫県立芸術文化センター大ホール

マーティンソン:「オープン・マインド」 op.71
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
マーラー:交響曲 第1番 ニ長調 《巨人》

 二日連続素晴らしい演奏会に出会うことが出来ました。ブルッフのヴァイオリン協奏曲は感動を通り超えた痺れが全身を襲います。マーラーの交響曲「巨人」は表面上の説得力だけではなく、もっと奥深いマーラーの幼い狂気までをも見せつける演奏でした。感動は体を疲れさせますね。昨日はそれ以降、ずっと眠かったです。え?いっつもや?失礼な。
 有名人で実力者の諏訪内晶子は別にして、無名に近いロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団。やる気のないヨーロッパの一流オーケストラの数倍楽しめます。今後、このオーケストラと指揮者が来日した際には出来るだけ行く事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

その場所を・・・

開店場所に選んだのも、ホールが近くにあって、いろいろな演奏会をすぐ聴きに行けるからでしょうか?歩いて行けるんですものね♪

ほんとによい場所ですよね♪
ただ、先生のお店あたり、迷ってしまうのは私だけでしょうか…↓↓(>_<)

コメントありがとうございます

開店場所と芸文が近いのは偶然どす。良い演奏会が多いので楽しいですね。

東京もいい演奏でした!ストックホルム・フィルは隠れた実力オケですね。鳴りがよかった!
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。