AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚な料理その14

 窓からの搬入に1時間。ゆっくりゆっくりスライドさせていく。その間、大工さんは床の補強にかかった。やっつけ仕事もいいところだ。結局すべて完了するのに2時間半。
 つや消しのスタインウェイ。30年ほど前の大学4年生の時に下村教授に譲っていただいた。その返済の為に女子高に就職する。20代の青い経験。走馬灯のように頭に浮かぶ。
「うなぎ、ご馳走するわ」
 下村先生は、阪急3番街の竹葉亭に連れて行って下さった。
「フルーツポンチパーティーしましょ。皆さん呼んで」
 アルコール入りのフルーツポンチ。非常に美味しかった。何のアルコールが入っていたのか。聞きそびれたままだ。
「夏休みは、家に来て練習しなさい」
 へたくそな私に、自宅のスタインウェイを貸してくださった。
「泉君が使っていたあのピアノ、いる?」
 それが、バーに今はある。店がつぶれるか、私が死ぬか、それまでこのピアノは移動することはないだろう。
 椅子に座って音を出す。ホンキートンクのような響き。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。