AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその63

 水井は中畑と別れて最終に近い新幹線に乗った。投書をしたのは教え子の親。考えるほどに間違いないと思えてくる。生徒に、もしくは生徒の親に刺される様な指導者はやめたほうが良い。
『教員失格かぁ』
 新幹線の窓の闇に浮かぶ自分の顔。
『驕りすぎだな』 
 
 水井はその半年後に辞表を出す。3坪のバーを開店すべく。


                                   ハタッチⅡ完
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

・・・・。

先生、とっても深いいです…。

この2、3行に、いろいろなものが…ピアノを教えることの意味を考えさせられました。

ありがとうございました♪(^v^)

自戒を込めて

おしゃべりちゃん様
自戒を込めて書きました。

・・・・で


新作のご予定は…!?

それか、もう少し「ハタッチⅡ」の余韻に浸ろうかな…(-_-)


でも、毎日のお楽しみが・・・
さみしいです。

やっぱり、次回、楽しみにしています♪

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。