AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその49

「先生、なんで、こんなに高い寿司屋に?」
 中畑は、寿司屋を出てから水井にたずねた。5万円近くの大金を払わなければならないこの店に、なぜ水井が連れて行ったのか、真意を測りかねてていた。
「おかあさんに…」
「はぁ?」
「ハタッチのおかあさんにな、君が大学合格した時に、お礼っていうて、5万円下さったんだ。そのまま頂くわけにはいかんでしょ?これでチャラね」
「先生、チャラって…」
「夜はハタッチの下宿の近くに行こう。で、どこに住んでる?」
「山手線の田端です」
「ここから近い?」
「はい」
「じゃー、田端の駅で落ち合おう。そこでまともな居酒屋を探しましょ。ワシは今から、山野楽器に行ってくる。6時でええやろ」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。