AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廣澤敦子 メゾソプラノリサイタル

廣澤敦子 メゾソプラノリサイタル 歌物語 vol.4「郷愁」
2010年1月10日於:兵庫県立芸術文化センター 小ホール
ピアノ/長谷智子
フルート/邊見亜矢

中田喜直/悲しくなった時は
信長貴富/寺山修司の詩による6つの歌「思い出すために」
ルーセル/ロンサールの2つの詩 op.26
團伊玖磨/六つの子供の歌
シューマン/リーダークライス op.39

 前半の最後に歌ったシューマンのリーダークライスが出色の出来でした。前半にもかかわらず、ここかしこで「ブラボー」の声がかかりました。廣澤さん自身3度目だったらしいです。そのためか、手の内に入ったのでしょうか、非常に説得力のある歌唱を楽しめました。また、後半の寺山修司作詞のシリーズは噛んで含ませるようにこちらに訴えかけてきます。ピアノの長谷智子さん、フルートの邊見亜矢さんともども優れた演奏で廣澤敦子さんを盛り立てました。来年のリサイタルが待ち遠しくなる、そんな演奏会でした。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。