AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその46

「寿司、行こか」
 水井が中畑を連れて行ったのは、待ち合わせ場所すぐ近くの新富寿しだった。
「ええか。絶対に勝手に注文するなよ。わかったな。俺のまねをして注文せーよ」
 中畑は水井が変わったことを言うなー、と思いながら暖簾をくぐった。
 コハダ、赤身、ハマグリ、イカ。
「お客さん、イカはこれですが…」
 見せられたのは握りこぶしくらいのイカの中にご飯が詰まっている。
「ん。ええよ。それして」
 水井は大阪弁でどんどん注文する。
「ボクもそのイカ…」
 中畑もつれて注文。
「ビール、もう一本」
 水井の調子が上がってきた。
「ヒラメくださーい」
 となりの若い女性が親父さんに声をかけた。カウンターの中には60才くらいの親父さんと若い職人が二人で握っている。
「あいすみません、ヒラメはねーんでがす」
 親父さんは丁寧に断る。「ねーんでがす」か。中畑はテレビでしか聞いたことのない江戸っ子弁に少し感動した。
 その女性、次に注文したのは…。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。