AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその39

「一人、来れなかったようだ。用事と言っていたが…。にしても、水井さん、たいしたもんだね。門下生全員、動かせるんだからね」
「いえ、私が知らない所で動いてくださった方々がいるんだと思います」
「ま、水井さんの人徳か」
「ふっ。科長。以前の私なら胸を張って、そうだ、と言い切ったでしょう」
「今は?」
「今、そうですね。緊急事態に役に立つ人間になりたいのと、あまり親しくしていなくとも、困っている人がいれば力にならなければいけない、と考えてます」
「ほう。なんとしおらしい。成長したな。でも、まずは最終関門に通ってからだね」
 電話を切ってから、水井はしみじみと思う。東田先生と森山先生、この二人は、以前はそれほど親しくなかった。今回、以前から仲良く付き合ってた友人、先輩、後輩…、すべてと言ってよいほど逃げた。とにかく、水井には近づかなかった。それどころか、やめさせるように働きかける大学時代の先輩までいた。人って、人間って…。この半年間、水井は、普通の人がなかなかできない経験をしたといえる。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。