AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその37

「校長に会いたいと申し入れがあった」
 科長は単刀直入に水井に電話を入れる。科長の考えは校長に父兄を会わさずして、水井の復帰を考えたいと思っていた。
「そうらしいですね」
「そうらしいって。水井さんの差し金、いや、指示ではないのか?」
「いえ。私は、なーんも言ってませんよ」
「校長への面談はしなくってもかなりのプレッシャーになる。父兄にやめさせるように言ってくれないか?」
「はー?私は指示してませんって。それでもやめとけって言うのですか?」
「そう。その方がいい」
「……」
 水井は、ついこの間までは復職なんてどうでも、と半分やけ気味に思っていた。が、中畑に叱られ、門下生と母親たちに復帰を望まれると、考えも変わってくる。何がベストか。今からは失敗は許されない。PTAが動き出したという事は問題が大きくなっている。
「科長…」
「なんだね?」
「科長にはご迷惑をおかけしておりますが、この件に関しては私は沈黙していたいと思います」
「なぜ?プレッシャーだけで校長は動くよ」
「そうかもしれません。でも、そうでもないかもしれない。でしょ?父兄が勝手に動いている以上、私は何にも申せません」
「水井くん、あのね」
 ガチャ。水井は電話を切った。しかたがない。なるようにしかならない。これで科長との仲が気まずくなってもしかたがない。水井は傍観することに決めた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。