AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその29

「ちゃいますなー。ありませんわ」
 筆跡鑑定家に、結果が出たので来てくれと言われた水井。大阪の天満のうらびれた雑居ビルの2階の一室に入って早々の答。
「あのー、意味がよくわからない…」
「つまり、あなたがお持ちいただいた、この葉書や手紙類の中には同一筆跡がない、っちゅう訳ですわ」
「……」
「えらい期待はずれですんまへんなー」
 水井はこてこての大阪弁に何故かむかついた。しかし、このままでは帰れない。職場復帰のきっかけを筆跡鑑定に求めた。筆跡同一人物に東田が接触するという作戦は失敗に終わってしまう。音楽科長もその作戦に乗り気であった。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。