AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその28

 森山に紹介された弁護士は、水井に積極的に動くようにアドヴァイスをする。県の教育委員会に行って現状を確認せよ、とか校長に密に連絡を取れとか。水井はしかし、あまり動きたくはなかった。なんとなく、そんなことをしても事態が好転するとは思わなかったのである。しかし、筆跡鑑定には興味があった。実際、手紙や年賀状の字体を見比べていくと、よく似た筆跡があった。しかし、よく似ているのと同じ筆跡とは意味が違う。府警で鑑定暦ウン十年という鑑定家を弁護士に紹介されたときは、なぞなぞが解けていくのではないかと、水井はワクワクした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ワクワク・・・。

毎日、ドキドキさせられています(-"-)
それにしても、こんなことがあったとは…
謎が解き明かされていく感じ…「ハタッチ」は推理小説だったんですね!

はてさて

大きい黒さま
毎度コメントありがとうございます。
うまく解けていくでしょうか。ふふふ。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。