AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその12

 新学期が始まってしばらくして。
「ふふ。刺されたんだって?」
 水井に電話がかかる。相手は東田。
「ええ。生徒ですかねー」
「寿司食べに行かねーか?」
 水井は東田の意図がはかりかねた。水井と東田はあまり親しくない。音楽科講師控え室で挨拶する程度だ。家でジッとしているのも退屈だし、水井は東田の誘いに乗ることにした。
 東田は正義感が強い。そして、義理堅い。弱っているであろう水井を黙って見捨てておくわけにはいかなかったのである。
 その市の中心的な大きな駅から歩いて2,3分の所に吾妻寿司がある。カウンター8席ほどの小さな寿司屋。
「俺らの子供の時には、学校なんてちっとも細かい事言わなかったぜ」
 と、イカの下足をつまみながら東田。東田は東京の下町育ち。22才に東京芸大を卒業してからすぐに大阪フィルハーモニーに入団。楽器はホルン。しかし、最近、退団している。
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。