AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチⅡその5

 飲みに行く、とは言ったものの、はたして、一見して未成年とわかる彼らを連れて行けるところはあるのか、水井は自分の行きつけの飲食店を思い起こしていた。
「で、どこに行きます?」
 ニコニコを続けながら大村が聞く。
「大騒ぎできるところで、君たちが目立たない…、はて…。ま、車出そう」
 酒気帯び運転が日常の水井。とんでもない不良教師。
「あった。あそこに行こう」
 水井が思いついたのは、酒屋が経営する居酒屋であった。空き地にプレハブを建てただけの店。しかも、堅いことは一切言わない。店主に、彼らを高校生と紹介しても平気で酒を出すであろう。
 10分ほどで到着。
「Rimbaud?先生、なんて読むんです?」
 店の入り口にフランス語で店名が書いてある。
「ランボーって読む」
「えー、ヤバイ店と違うんですか?」
「アルチュール・ランボーっていうフランスの詩人に引っ掛けたんだよ」
「あー、アルコール中毒。おっしゃれー」
 大村はあくまでおどけとおし。
 6時。ほぼ満席だった。畳敷きの大広間に簡易的なパイプの机が並んでいる。クラブの合宿に来たかのようなしつらえである。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

遅ればせながら・・・

水井って…みずい?

…先生なんですね!!\(◎o◎)/!
今、気づきました…。
Ⅰから、登場…っていうか、初めから登場していましたよね…(-_-メ)

先生、そろそろですか…。
高校生にお酒で…!?

ふふふ

そろそろですなー。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。