AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パウル・バドゥラ=スコダ ピアノ・リサイタル

2009年10月4日(日曜日)
於:兵庫県立芸術文化センター大ホール
ハイドン:ソナタ 変イ長調 Hob.XVⅠ‐46
ブラームス:ソナタ 第3番 ヘ短調 作品5
ショパン:2つのノクターン 作品27
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 作品60
ショパン:4つのマズルカ 作品30
ショパン:バラード 第1番 ト短調 作品23
 使用ピアノはベーゼンドルファー。スタインウェイに比べてきらびやかさに欠けますが、しっとりとした響きを持ってます。
 スコダ先生は私の師匠アゴナシュ・ジョルジの先生です。それほどの期待もせずに行きましたが、大間違いでした。久しぶりに感動的なブラームスを聴くことができました。きちんとしたブラームスを聴くとシューマンからのかなりの影響を受けていたのがよくわかります。後半のショパンは、言うなればアンコール集。やや危なっかしいところもありましたが、ベテランの味と技術でカバーできました。なんといっても82歳。ご立派の一言です。果たして自分が82で生きているかどうか…。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。