AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその18

「じゃー、いくら完成された演奏でも100点はつかないんですか」
「点数よりね、人を感動させるものに関心を持ってほしいな。ハタッチは自分の演奏を完璧だと思っている。そうだろ?それを傲慢とは思わない。けど、それが落とし穴になるよ。完璧を目指しながら到達できないのが芸術家なんじゃないかな」
「はー」
 その後、2階に行って大村とファミコンを遅くまでして泊まった。朝、先生に起こされる。
「目は覚めたか?昨日のワイン、なめてごらん」
 ワイングラスに残された赤いワイン。
「なめるんですか?」
「あぁ、飲まなくていい。味見て…」
 俺は意味がよくわからずに味をみる。
「……」
「わかる?」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。