AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその17

 先生は続ける。
「味って何かな。たとえばアルコール98度のスピリタス、40度のルイ13世、14度未満のムートン。どこに味がある?」
「よくわかりませんが、アルコールの中に溶け込んでいるのでしょうか?」
「はずれ。味はね、アルコール以外のところにあるんだよ。もちろんアルコールにも味がある。でも、純度が高いとすぐに蒸発。味わえないね。では、これを水で割ったらどうなるか」
 先生はスピリタスをミネラルウオーターで割った。
「飲んでみて」
 理科の実験をしているようだ。水で薄めたスピリタス飲んでみてびっくりした。
「甘いです」
「ふふ。甘いでしょ。でも甘いだけ。純粋ってそんな感じかな。単純明快。薄めると味が出る。演奏も似てないかな」
 先生が何を言いたいか、なんとなく見えてきた。
「大天才が作った曲を凡人が演奏して、凡人が点数つける。それ自体、間違ってると思う。でもね、点数はつけることが出来るよ。優秀かそうでないか」
「じゃー、100点の演奏って…」
「それを目指すのはいい。でも100点をつける資格があるのはその曲を作った作曲家だけだと思うな」
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。