AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその16

 ルイ13世、甘さが半端じゃない。さっき飲んだスピリタスのアルコールのタッチが全然ない。値段が高いと聞いたからかも知れないが、この上ない味わいと感じた。
「じゃー、最後にアルコール度数っと、14度未満って書いてるな。このワイン」
 先生が手に取ったワインにはきれいな絵が描いてあった。左に羊が踊っている。右に葡萄の絵。
「面白いデザインですね」
「あぁ、これ。毎年絵を変えるらしいよ。82年だから9年前か。まだ若いかな。もったいないかもね」
「なんていうワインです?」
「ムートン。ムートン・ロートシルト。下村先生宅にはこんなんゴロゴロしている」
 ワイングラスに注がれた色は濃い。黒さが混ざったような赤い色。
「どう?」
 渋い、甘い、すっぱさが少しある。苦さもほんの少し。
「先生、よくわかりません」
「だろうなー。でもね、ハタッチ。この味がわかる男にならないとダメだよ」
「どうしてですか?」
「ルイ13世、うまいと思ったろう?」
「はい」
「でも、あれは蒸留技術と樽を使った熟成技術との結晶。このワインは農作物を絞ったジュースに酵母を添加、少しの間の樽熟成。いうなれば自然にもっとも近い味」
「……」
「素材の良し悪しが出るのがこのワインとか日本酒の醸造酒」
「……」
「100点の演奏ってどんなんかな?想像した事ある?」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

深いですね・・・。

お酒も、ピアノも、人間も…深いです。

深い…ってかっこいいですね(*^_^*)

高校生

ハタッチは最初からお酒強かったです。ちなみに私の息子は中学生の時からワイン1本空けてました。児童虐待で捕まるね。ほんま、アカン先生ですわ。ワシは。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。