AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその12

 先生の家へ戻ると台所に通された。大村と息子さんはファミコンをするため2階へ上がった。先生は床下収納庫を開けてワインを出す。
「これは赤ワイン。フランスのボルドーや」
「先生、日本酒だけではないんですね」
「いや、買うのは日本酒。ワインはもらう」
「高いんですか?これ」
「さー、産婦人科のお医者さんがお礼にもらうワイン。高いでしょ」
 先生のピアノの師匠は下村和子先生という。そのご主人が産婦人科の先生でワインのいただき物が多いらしい。
「ワシはなー、ハタッチよ」
「はい」
「下村先生に、お中元お歳暮を禁止されてるねん」
「はー」
「そのかわり、お中元お歳暮をくれるねん」
「へー、いい先生ですね」
「あぁ、大学時代もレッスン代払った事がない。そればかりか、ドイツ人の先生にレッスン行く時、下村先生が払ってくれる。こんな先生いないでしょ」
「大金持ちですか」
「ふふ。お金持ちとか関係ない。金持ちほどケチっていうしな」
「お弟子さん、みんなにしてるんでしょうか?」
「さー、ワシだけちゃうかな。いつか、ご恩返しをする機会が来ると思っている」
「ええ」
「その時に10倍返しをするつもりや」
「わかった」
「何がわかった?」
「先生、俺に焼き鳥おごって、俺が将来有名になってお金持ちになったら、たかろうと思っている?」
「ホンマ、楽観主義者やのー。頼むわ。有名になってワシの老後の面倒見てくれ」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。