AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその9

 2年の後期の実技試験の成績が戻ってきた。85点。クラスの中ではずば抜けて良かった点数だと思う。が、俺は不満だった。今回は完璧に弾けた。のに、100点ではない。こんな事ってあるのか。他の教科だと100点、取れる。しかし、ピアノの実技だけはどんなに良くっても80点代だ。
「たまには焼鳥行くか?」
 先生に焼鳥を誘われた。大村と先生の息子さんも一緒。この幼稚園の息子さん、異常にファミコンがうまい。うかうかしていると負けてしまう。うっかり本気モードで喧嘩して泣かしてしまうこともしばしばあった。俺も大人気ない。
 焼鳥屋は駅前にあった。すごく繁盛している。この日も満席で、中に入れなかった。その場合は表に椅子とパイプ机を出して食べる。2月。風も冷たい。ジャンパーにマフラーをしても寒さに負けそう。
「先生、熱燗飲んでもいいですか?」
「やめとけ」
 すぐに断られた。
「なんでです?」
「いっつも飲んでるのは1万円前後の日本酒です。こんなところの燗酒飲めるか」
「でも、寒いっす」
「兄ちゃん、鶏スープ至急4つ」
 先生は熱燗の代わりにスープを大声で注文してくれた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。