AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡裕/第9交響曲

今日は兵庫県立芸術文化センター管弦楽団デビューコンサートでした。曲目はベートーヴェンの第九です。第九の前にバッハのG線上のアリアを演奏しました。指揮棒なしで佐渡裕は演奏します。阪神淡路大震災の犠牲者の冥福を祈るため。ふくよかな弦の響きと表情はこのオーケストラのポテンシャルの高さを感じさせます。第九は各楽章活き活きとした速めのテンポで聴衆をぐいぐいと佐渡ワールドに引き込んでゆきます。第2楽章でヒヤッとしたところがありましたがデビューコンサートだからでしょう。次回からは大丈夫。結論だけを書きますと想像以上の実力を持った指揮者とオーケストラでした。生意気な評論を書こうと思えば書けますが、今日の船出にふさわしい素晴らしい演奏の前にはどんな言葉も陳腐な表現に終わってしまいます。オーケストラのメンバーは新人を中心に構成するという事でしたが、その新人、ずば抜けた実力の持ち主がたくさんいました。間違いなく関西を代表するオーケストラに育っていきます。というか、日本を代表するオーケストラに育っていって欲しいです。しばらく佐渡裕と兵庫県立芸術文化センター管弦楽団から目が離せません。
 
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。