AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその200

 それから、まっすぐ彼女の家に行った。二人は無言。母親に会ってアルバイトは原則禁止と伝えた。
『そんなの知ってましたけど…』
 母親は面倒くさそうに答える。
『ま、アルバイトする時間があったら勉強させてください。ね』
『夏休みぐらい、よろしいのでは?』
『や・か・ま・し・い』
 私は大声で怒鳴った。
『学校へ通っている以上校則は守る。わかったか?』
 母親と娘はあまりの私の豹変ぶりに目を点にした。
『だいたい、余裕かませるほどの成績をとっとるとおもとるんかい。アホ』
『アホって…』
『アホな事言うからアホって言うたんや。もう一度言う。校則は守れ。わかったか』
『……』
『返事。返事は?』
『はー…』
『よっしゃ。今度、校則破ったら、停学やぞ。義務教育とちゃうねんぞ』

 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。