AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその185

「高山ねー。大物ではないな」
 私が一通りの説明をすると宇崎先生はややがっかりしたようすでしゃべった。
「いいよ。一通りの仕事を片付けたら、東京へ帰るよ。マネージャーも見つけたし…」
「帰られますか」
「あぁ、大阪はもういいよ。力になるといってはそれっきりの連中。電話をしても出てこない。みんな、距離をもって近づいてこなくなった。口先だけだ」
「……」
「君は学校を続けるんだろう?」
「いえ、まぁ、それはゆっくり考えます」
「そうか、東京でまた会おう」
 宇崎先生、気持ちは完全に切れていた。しかし、自分が作ったオーケストラを解散する気はないようだ。ビスタフィルは何らかの形で継続していくのだろう。
 そろそろ私は気持ちを日乃日乃学園に切り替えなければならない。学年末まで授業と担任をきっちり全うしよう。一番気がかりな京都芸大を受験する声楽の子は、追い込みに入っている。集中力を私も保たないと危険だ。私は今回の騒動に何も役立たなかった。しかし、将来、自分の人生においてプラスになるような気がする。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。