AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその178

 会合は練習直後に始められたのでステージの上。私はステージのカーテンの向こうに行った。いわゆる袖という所である。その薄暗い奥に小さな火が見えた。椅子に座って煙草をふかしている男がいる。大学のかなり上の先輩。楽器はチェロ。
「あ、先輩。参加しないんですか?」
「いやー、アホらしくて…」
「……」
 私はその言葉に反応せずに近くの椅子に座った。
「みんな、カッカしているけど…」
「はい。そうですね。横で見ていると不自然なぐらいです」
「ま、とっつあんも口が悪くて、団員をののしりすぎるキライがあってね。普段の不満が爆発したんだろうね」
「はぁー」
 お得意の池山語。いろんな所で役に立つ。チェロ氏は宇崎先生のことを『とっつあん』と呼ぶ。
「先輩、しかし、不満を爆発するにもあまりにも過激に思いますが…」
「そうだなー。辞めさせようとしているなー」
「辞めさせてどうするんでしょ。オーケストラ解散?みなさん、職、無くなりますがな」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。