AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその159

 コントラファゴットがボンと2回鳴らす。続けて4回。クラリネットが加わって4回。ここ。正解。ふー、怖い恐い。本番中に指揮棒を止めるなんてなんという指揮者。ピッコロがメロディーを奏でてもまだ指揮棒は突っ立ったままである。しかし、何か異次元の世界に突入の錯覚が起こる。空気が澄んでくる。
『面白いなー。指を動かさないでピアノを弾くピアニストっていないよなー』
 私は演奏中、そんな事を思った。
「いつもですか?」
 私はコンサートが終わってから宇崎先生にたずねた。
「あれ?」
「はい」
「カラヤンが…」
「はい」
「カラヤンの第9をN響時代に演奏する機会があって…。その時にカラヤン先生が同じところで指揮棒を止めた」
 大昔の話なのでだまっていても良さそうなものを。コピーした事を正直に話す宇崎先生。このオーケストラに入ってみたくなっている自分がいた。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

質問!?

教員Aは、もう、この時点で、日之日之学園を辞められているのですか???

確か、まだ、校長先生が辞表を預かっている…とかありましたが…、ずっと気になっていたので、質問してみました(^^ゞ

ちゃんと書いていましたら、すみません(>_<)

大きい黒さま

辞表を出したのは教員Aその155=1981年の2月です。教員Aその156の途中からその前年の8月に戻ってます。ややこしくてすみません。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。