AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその157

「教育も大事だが、演奏家を一度は志した者、ステージで活動しないと…」
「はぁー」
 8月のグリーグが終わった打ち上げで宇崎先生に言われた。
 別にステージピアニストを志して京都芸大に行った訳ではない。なんとなく、と言えば高校生の時から指導していただいた下村先生に失礼か。しかし、人前で弾くよりもコツコツ練習するのが、言い換えれば、ただピアノをさわっているのが好きであった。高校時代、ピアノを練習し始めてあっという間に4時間過ぎてしまう。休みの日は8時間なんてザラに弾いていた。今、ピアノの向き不向きを考えると、自分は不向きなタイプと思う。3時間も練習すれば充分な成果が表れないとピアニストを志してはいけない。まぁ、私はそんな事を望んでいなかったので教員になる事になんの抵抗も無かったのだが。
「来月、合唱の本番があるんだけど…、トライアングル、しない?」
「トライアングルですか?」
「第4楽章で大活躍。どう?」
「します。させて下さい」
 またまた簡単に返事をしてしまった。合唱とはベートーヴェンの第9番の交響曲だ。副題が「合唱付き」。省略して、「合唱」とか「ダイク」とか言われている。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。