AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその146

 弾き始めたのはベートーヴェンのピアノソナタ第1番の第1楽章。弾き終わると違う生徒が同じソナタの第4楽章。続いてベートーヴェンのピアノソナタ第5番の第1楽章。ドビュッシーの子供の領分、ショパンのエチュード、バッハの平均律。連弾までしだした。いい加減にストップかけないとエンドレスになるなー、と席を立って何気なく外を見るとドアの外に黒山の人だかり。
「もう、そろそろやめようか。40分も弾いてるし、表に人がいっぱい集まってる」
「もう少し…」
 生徒達はまだまだ弾こうとする。
「じゃー、あと1曲だけ」
 言って、私は道路に出た。人が集まる理由がわかった。電柱にスピーカーが設置されている。ピアノの音をマイクで拾って流しているのだ。あわてて店内に戻った。
「おい。恥ずかしい。道路に音がながれているぞ。ストップストップ」
 不完全な演奏を平気で弾く生徒達。穴があったら入りたい。しかし本人達はまるで羞恥心が無いようだ。
「聴いてもらえるのならもっと…」
「終わり終わり。はい。終わり」
 決してレベルが高いとはいえない日乃日乃学園の音楽科。ではあるが一応演奏家を目指す子供達。露出に関しては一般人の感覚とはまるで違う。
 生徒さんたち、一層の躁状態でホテルへの岐路に着いた。今回の体験はたいへん楽しかったようである。やれやれ、これでゆっくり寝れるわ。ふっ、これが甘かった。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。