AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその144

 金沢スカイホテルから繁華街の香林坊まで南へ約1キロである。10月の夜7時。もう日は暮れている。生徒25人を引き連れて歩くのはやっかいだが、念には念をいれたので、列を乱すことなく着いて来る。ただ、大声でしゃべるのはやめようとしない。子供も大人も女性ってなんでこんなにしゃべることが豊富なんだろう。ゆっくり歩いて20分。
「さ、戻ろうか」
 香林坊の交差点で私は言った。
「先生、お店入りたいです」
「そう、そう」
 またまた大合唱。と、ここまでは計算通り。
「君たちみたいにやかましい高校生が25人も入るとお店に迷惑がかかるでしょ。ハイ、帰ろう」
「おとなしくしますからー」
「お行儀良くしますからー」
 遊ぼうとする時のこの連中の連帯感はすごい。感心する。お見事と言って良い。
「ほんまやな。やかましくせーへんな」
「はい。ハイ。はぁーい」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

確かに… (^◇^)

女の子は、おしゃべりですよね…自分も含めて。

…・ところで、先生、よく覚えていますよね。
読んでいるだけで、映像が浮かんできます。

その当時の日之日之学園の女の子たちは、【教員A】見てないのでしょうか~。

さて

大きい黒さま
毎度コメントありがとうございます。
教員Aは小説として書いてます。ので創作と思ってくださいね(ま、事実99%ですが)。私のような年寄りは昨日の事を忘れても昔の事は覚えているものなんです。
日乃日乃学園の生徒さん、今は47才ですか。このブログ、見てないでしょうなぁ。見てたら自分をもっとカッコ良く書けとメールの嵐が来ると思います。そんなキャラクターの子が多かったです。あ~懐かしい。

こんばんわ♪

え~、こんかわいい生徒たち、現在47歳なのですか!?

……って、いう私もそれなりの年齢になってしまいましたが。。。(-_-; そこはさらりと流して…)

…で、その無邪気な日之日之たちと先生は、ほとんど歳の差がなかったんですよね!

どおりでみんなが、きゃ~きゃ~言うはず♡

明日も楽しみにしています(明日は競馬かな~)

元気でした

あの子たちは非常に元気でした。異常に明るかった。修学旅行顛末記、しばらく続きます。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。