AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその126

「大学?」
「はい。京都芸大。私、無理でしょうか?」
 京都芸大の声楽科に行きたいようだ。なんでピアノの私に聞くのか。
「歌の先生に聞けば?」
「受けてはダメって言われました」
 そうか。日乃日乃学園の音楽科の生徒の進路は教員と講師全員で決める。そう言えばそんな会議があった。
「なんで受けてはダメだって?」
「受かりもしないのに無駄な事やめなさいって」
「ふむ。じゃーやめるべきですなぁ」
「でも、受けてみたいんです。受けるのもダメなんですか?」
「そんな事、ボクに言われても」
 確かに受験もするな、とはおかしな気がする。先日の進路会議では、生徒に無理をさせず安全を最重要視して冒険させない方向を感じた。そもそも、生徒一人一人の受験校を全体会議で決めるのもおかしいと思っていた。
「どうしても受験したい?」
「はい」
 目に力がある。
「では、こう言いなさい。人生でたった一回のチャンスなんです。受けさせてください。落ちてもかまいません。もちろん第2志望は先生に従います。どこに行くように言われてもそうします、って」
「そう言えば受けさせてくれる?」
「無理かな。ふふふ」
「もう、先生」
 やっと表情が明るくなった。この生徒はもともと元気な子だ。
「母親に言ってもらいなさい。絶対大丈夫」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。