AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその116

「あー、A先生、おー、先生の担任の2年M科の掃除、全然してませんね」
「え、そうですか。すみません。で、どうして掃除していないとおわかりになったんです?」
「確か、M科の掃除はお昼の休憩でしたね」
「ええ」
「クラスの連中はほうきを持ってはいるのですが、おしゃべりばかりして、全く動いてないのです」
「ふむふむ、で?」
「で?とはなんです。掃除監督してくださいよ」
「佐藤先生」
「はい?」
「掃除をしていないの、見つけたんですね」
「そうです」
「なんでその場で注意しないんです?」
「なに?」
「サボってる子を見つけたらその場で注意」
「何を言っとるんだ。キミは」
 佐藤先生の顔はみるみる赤くなってきた。怒っているようだ。
「気がついたらその時に…。基本でしょ」
「ばかー」
 怒声を聞きながらその場を離れた。やれやれ、幼稚な職場だ。これで終わりと思ったが…。次の週の職員会議で…。
 
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。