AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその115

「A先生、歌の子3人が来ました」
 池山先生に職員室で呼ばれた。
「掃除の時間を変えてくれと…」
 4月早々、委員長が提案してきたことだ。私は生徒の提案を無視してきた。埒があかないと思ったのだろう。生徒達は音楽科の主任に直訴したようだ。
「池山先生、彼女達は放課後早く家に帰りたいので、そう言ってるだけだと思うのですが」
「そうでしょうね。考えますね、あの子達。で、どうでしょう?」
「2年M組だけが、昼の休み時間に掃除とはいかないでしょうね。M科全体になります?」
「そうしましょうか?」
「他の学年の担任の先生方も賛成ならそれでいいですけど…」
 結局、音楽科はお昼休みの休憩時間に掃除という事になった。
 副担任の山野先生は一月もしないうちにホームルームには来なくなったし、クラス運営に関してもこちらに何も言わなくなった。私に何か言っても、生徒達に対してと同じく、ハイと言いながら無視をするからかもしれない。言っても無駄、勝手にすれば、という態度が見える。考えすぎかもしれないが、その方が私にとっては楽だ。
 大阪でオーケストラとピアノ協奏曲をする事を公けにしてから、音楽科の人間関係も揺らぎが出てきた。『いいなー、私も出たい』と言うピアノ科の赤司先生もいれば、『学校の授業、行事に支障をきたさないように…』と釘をさしてくる桜井先生のような方もいる。おおむね『がんばって』という空気だが、何かギクシャクしだしたのも事実だ。
 掃除の時間をお昼休みに変更したのはそのころだった。変更後間もなく、佐藤先生に呼びつけられた。佐藤先生は高校2年生の学年主任だ。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。