AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員Aその43

 ベートーヴェンのピアノソナタ第17番「テンペスト」。私が高校2年生の春休みの時、下村和子先生に宿題をいただいた。春休みだったので、全楽章いっぺんに弾かされた。暗譜で必死に弾いた後。
「第2楽章が退屈だったので、寝てしまったわ。もう一度最初から弾いて頂戴」
 下村先生に、きつーいお言葉をいただいた。あれから6年か。
「先生、知ってもます?この曲」
「あぁ、たぶん知っている曲だと思います」
「先生、弾ける?」
「弾いて」
「弾いてください」
 テンペストの第3楽章を弾けの第合唱が始まった。
『弾けるか…、覚えてるか…』
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

wa-----(*_*)!!

こういう展開になったんですか…!!

ここで先生の力を見せつけて、
女子大生のハートを一気につかむ♡
この展開しかないですよね(^_-)-☆
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。