AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団 第55回定期演奏会

宝塚市交響楽団 第55回定期演奏会
宝塚市制60周年記念・宝塚市文化財団設立20周年記念
2014年6月22日
於:兵庫県立芸術文化センター大ホール
指揮:シズオ・Z・クワハラ
ジョン・ヘネケン:皆その時にかなって美しい 
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ラフマニノフ:交響曲第3番 イ短調 作品44

ジョン・ヘネケン:皆その時にかなって美しい-世界初演-
この曲は、宝塚市・オーガスタ姉妹都市提携25周年を記念して、シズオ・Z・クワハラ氏とオーガスタ交響楽団がジョン・ヘネケン氏に作曲を依頼したもの。
なんと作曲者のジョン・ヘネケン氏が会場に来ている。
曲は、聴きやすく耳に優しい。SF映画音楽な感じと表現できるだろうか。序奏のあと、なんと弦楽カルテットが始まる。木管楽器を重ねて、不安げな弦の響が重なって快活な中間部に突入。大太鼓の響で楽譜が散乱。下降スケールの繰り返しでロマンチックに静かに終わる。
ヘネケン氏も壇上に登場。想像していたより非常に若かった。

チャイコフスキー : ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ヴァイオリン:石上真由子
クワハラの指揮は、たいへんわかりやすい。丁寧にオーケストラに指示を出す。指揮棒無しで。
石上は、自分の個性を出そうとするタイプではなく、音楽が持っている自然な芸術表現を目指すヴァイオリニストである。これを実行するのは、並のテクニック、音楽性では無理である。このチャイコフスキーだけで石上が、数少ない天才の仲間入りをしていると判断するのは難しくない。宝塚市交響楽団も石上をよく盛り立てた。ファゴットをはじめ木管楽器、ホルン等の金管楽器も素晴らしかった。

ラフマニノフ : 交響曲第3番 イ短調 作品44
ハープが主要な、重要なポジションを占め演奏も素晴らしかったが。ううむ。ラフマニノフは、どこかにピアノという楽器があったほうが、作曲しやすいのかもしれないね。
スポンサーサイト

安田記念

安田記念

一、1グランデッツァ
   2レッドスパーダ
二、3カレンブラックヒル
4リアルインパクト
三、5エキストラエンド
6グロリアスデイズ
四、7ホエールキャプチャ
8ミッキーアイル
五、9ダノンシャーク
10ジャスタウェイ
六、11ショウナンマイティ
12グランプリボス
七、13フィエロ
14クラレント
八、15サダムパテック
16トーセンラー
17ワールドエース
1枠、2枠、8枠が異常枠
4年に一度のワールドカップ。
ここはワールドエースの8枠から入るのがベストか。

結論
枠連1-8、2-8、5-8
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。