AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その122

「で。どうしてそこをやめたのかしら?」
「あ、やめたのではなくて、やめさせら…れ…」最後は聞き取りにくい菜の言葉。
「は?小西さん、クビになったの?」
「あ、ええ、まー。そういうことに…」
 菜は話しながら後悔する。この福田という女性、具体的な彼女の話を聞く前に自分をさらけ出しすぎた。
『あぁ、私はいつもそう、警戒せずになんでも話してしまう、おかあさんにもよく注意されていたのに、いつも同じ失敗。でも、失敗とは限らないわ、福田さんがとってもいい人で、いいお話を聞かせてくださるかもしれないわ、小西さんて正直な方ね、やっぱり私の見る目に狂いはなかったわ、じつは……じつは…じつは…』
「小西さん、小西さん」
 大きな声で福田さんが呼ぶ。はっとわれに返る菜。
「やめさせられた理由を聞きたいわ」
 菜は福田さんの目をじっと見る。
『どうしてこの人は私にばかり質問するのかしら。一般的にこれって失礼って言わない?失礼だわ。プンプン。学校の先生でもないのに、小学校の時の本橋先生みたい。きらいなおいしくない給食を無理やり食べさせられた。同じ匂いがする、ああジュンくんに会いたいな』
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

おでんでん初絞りの会

昨日、徳島池田町に行ってまいりました。
おでんでん初絞りの会です。
以下、簡単な印象です。

佐那河内米のおでんでん=愛媛酵母=9号系。酸が強い。飲み続けると酸は感じなくなる。

鷲敷米のおでんでん=アルプス酵母。吟醸酒、やや蔵臭がする。これが一番皆さんに喜ばれていた。

上田杜氏のおでんでん=水戸酵母。やや蔵臭。しかし、気品がある。

山笑(やまわらい)=KAー1熊本酵母。一番良かった。これはおすすめ。

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

小説・菜その121

「では、最近までそちらでずっと?」と福田さん。
「いえ、1年ほどでやめました」
「あら、どうしてかしら」
「イタリア人のシェフが帰国してしまったので」
「そう、そのイタリア人が好きだったのね。で、それから?」
 菜は調理助手をしながらサービスに興味を持つようになる。
 神戸にデートに行った時、フレンチに入った。ジビエ中心に料理を出すレストランとして有名だった。ここでもワンパターン。何回か通ううちにシェフと話す機会がでてくる。
「すみません。私をこちらで働かせてください」……。
「小西さん、向こう見ずと言うか、積極的というか…」
「ものすごく美味しいお料理だったんです。でも…」
「でも?」
「調理スタッフがサービスもついでにしているという感じで。私が入ればもう少し…」
「ふふふ。売り込んだのね」
「はい」

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その120

 翌日、菜は翌朝来ていきなり手伝わされる。野菜の洗浄、そして遠心分離機を利用して乾かす。ランチが始まると、戦争状態。菜はイタリア人調理人の邪魔をしないように気を使いながら動く。ランチが終るとディナーの準備。休憩がほとんどない。菜は息が切れる。しかし最終までなんとかもった。
「どうでした?」
 片づけが終ってイタリア人が聞く。
「はい。楽しかったです」
「たのしい?」
「とっても」
「つづけてみますか?」
「いいんでしょうか?」
 菜はイタリアンで働くことになった。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

高岡隆子さん

 阪神淡路大震災前に北口町に喫茶店がありました。店名はヒロ。マスターの名前からとってます。いつもにぎわってる喫茶店でした。今のアクタがある所です。北口町は市場が2棟あってにぎわってました。ヒロには買い物に来た流れでお客様が来られてたようです。マスターの奥様は隆子さんとおっしゃいます。喫茶店はその隆子さんが中心になってまわされていました。私は時々、ホルン奏者の西田氏に連れられて行きました。吾妻寿司の大将小西さん、甲東園の居酒屋さん寿限夢の大将たちも来られていました。
 1994年9月から私は自分のバーを作りました。西田氏にも手伝っていただいて11月まで非常にきつい工事をしました。その時に見るに見かねたのでしょうか、ヒロのママ隆子さんがおにぎりや温かい珈琲、はたまた自宅に呼んでいただいてお風呂まで用意してくださいました。非常に親切にしていただいたのに何のご恩返しも出来ていません。
 本日、朝の3時半に元スタッフ、今はバーエールのよしえから電話がありました。告別式は1時半から。
 隆子さんはすい臓がんを患っておられました。
 ご恩返しを出来なかったお詫びとお礼を申し上げます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。合掌。




テーマ : 想い
ジャンル : ブログ

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。