AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その104

 コープは菜のマンションから東へ、樋の池公園近くにある。さかな、さかなと唱えながら坂道を下る菜。
 スーパーマーケットの魚売り場。そこにはパックに包まれた魚が棚に並んでいるだけ。
『さっきまで泳いでいたイカだよー』
 1年生の終わりころ、ジュンに家に来いと誘われた。あの時のジュンの家の近くの魚屋さんの大きな声を思い出す。そして、生まれて初めて肉親以外に手を握られた。ジュンは今どこにいるのか。
 棚からイカを手に取る。少し焦げ茶がかっている。スルメイカ。一人1匹は多いか。菜は2匹入りのパックを二つ買うことにした。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その103

 同級生にマンションを案内して、次は家に入ってもらうと約束。ここから菜は忙しい。夕ご飯の用意をしなければならない。
 継母和子は、菜に料理を教え込んだ。最初から菜に一人で食事の用意が出来るように鍛えるつもりであった。夫の給料だけでは3人の子供を養うのは心もとない。菜はかしこいし器用、しかもまじめで素直。彼女を見て、すぐにこの計画を思いついたのだった。
 台所のテーブルにメモがある。買い物の指示のメモだ。
『今日はコープでお魚が2割引です。何か買って焼いといてください』
 菜は買い物かごを手にとって外にでた。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その102

 困った菜。おかあさんは家にはいない。働きに出ている。家に来てもらっても何をしていいのかわからない。
「あのー。家は…」
 下を向いてしまう菜。
「じゃー、今日は場所だけ」と松本君。
「どうでしょう?」と梶田先生。
「それだったら大丈夫です」
「決まり決まり。みんなで行こう。ね、小西さん」
 松本君は菜が今まで見たことのないタイプだ。クラス全体をぐいぐい引っ張って行くようなエネルギーがある。
 放課後、ぞろぞろと菜といっしょに歩き出す級友。結局10人付いて来ることに。
「小西さん、得意な勉強は何?」
「あ、国語か、社会か」
「へー。他には」
 北夙川小学校の生徒はお話好きのようである。
「お料理が出来ます」
「え。すごいすごい。今度何か作ってよ」
「はい」
 にっこり笑う菜。話しているうちに転校の不安なんてどこかに飛んでいってしまった。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その101

「それは、おうちが小さくなったのと、おかあさんが、おかあさんの働く所がこの近くなので、引っ越しました」
 言えた。下を向いてしゃべったが、しゃべり終えて顔を上に向ける。
「はい」
「はい、横山さん」
「家はどこですか?」
「はい、小西さん、家はどこでしょうね」
 矢継ぎ早に質問が来る。前の学校ではこんなことはあまりなかった。ここの小学校は活発なのか。立花は先生が質問して生徒が答える。ここは逆だ。
「あのう、校門を出て、左に行って、右に行って、まっすぐ行って、突き当たりにあるマンションです」
「樋の池?」
「池?あ、池。はい、池あります。でも、まだ先に行きます」
「ふーん。行っても良い?」
 行ってもいい?と聞いたのは松本君。
「私も行く」「私も…」
 すぐに4,5人が訪問表明をした。
「小西さん、どうなの?」
 先生の質問。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その100

 北夙川は、1学年2クラスしかない小さな小学校。菜は不安がいっぱいで5年生の新学期をむかえる。担任は男の先生。名前は梶田虎男。こわそうな名前だが、小柄でやさしそうな目をしている。低学年の時、女の先生にはよく叱られた。3,4年生の男の担任の先生は優しかった。今回も男の先生。それだけでホッとする菜。
「尼崎の立花から転校してきた小西さんです。皆さん、仲良くしてあげてください」
 転校生だと紹介されると
「はーい」と元気な声が教室中に響く。菜はその声に不安が和らぐ。なんとなく柔らかい空気を感じる。
「先生」
 男子生徒が手を上げる。
「はい、松本君」
「どうして、転校してきたのですか」
「はい、小西さん、説明してください」
 菜は顔が真っ赤になった。せっかく少し不安がなくなったのに一度に緊張感が全身に走る。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。