AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・菜その18

「館野くん…」
 いつものように、菜の給食を放課後食べ終わった館野に。
「ジュンって言えって。館野なんてセンコーが呼ぶ時だけでいいんだってば」
「ジュンくん…」
「くんもいらねーの、ほれ、呼んでみな…」
「ジュン…」
「あん?何?」
「これ…」
 ランドセルからごそごそクッキーを出す。きれいな花柄のナプキンに包まれている。
「おっ。お菓子。っちゃー、サイも悪だねー。こんなん持ってきて、しばきたおされるで、ったく」
「あげる。食べて」
「あ、そういう。うんうん。よっしゃ」
 ズボンのポケットに無造作に入れる館野。
「んじゃー」
 教室からパッと走って出て行く。それをボーっと見ている菜。ジュンくんは喜んでくれたのか。よくわからない菜。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その17

 翌日、ランドセルに自分で焼いたクッキーを入れていると…。
「あら、菜ちゃん、それはいけないわ」
 母にとがめられた。
「学校にお勉強道具以外の物を持って行ってはいけません。おやつもいけません。でしょ?」
「あ、あ。う…」
 母の顔を見つめる菜。男の子にあげる、言いかけてやめた。給食を食べていないのがばれてしまう。叱られるかどうかわからない。が、今は言わないほうが良いと思う菜。
「ランドセルから出しなさい。ね」
 きつく下唇を噛む。目を足元におく。涙がほほをつたわる。
 こんな事で泣く娘ではない。何かある。
「言えないの?」
 母の顔。困ったような顔をしている。菜は母を悲しませたくない。
「わかりました。おうちに置いて、い、き、ます」
 数秒の沈黙の後。
「わかりました。持ってお行きなさい。ただし、先生に見つかってはいけません。菜はクッキーを食べたくて持って行くのではないでしょ。おかあさまはわかります。菜はそんな子ではありません」
 涙がぼろぼろ。洪水のように流れる菜。嬉し涙か、感謝の涙か、ホッとした涙か。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その16

「バターと砂糖を混ぜて。時間かかるわよ。ゆっくりね」
 さらに玉子と牛乳を加えてホットケーキの粉に混ぜた。
「上手に出来たわね。菜はお料理の才能があるわ。濡れた手ぬぐいをかぶせて…、少し待ちましょ」
 母に褒められるのが一番うれしい。菜はにっこり笑う。
「では、フライパンで今から焼きます。菜ちゃんできるかな」

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その15

 途中で走り出した菜。思い立ったらブレーキがきかない。
「ただいまー、おかあさま、クッキーが…」
 その日も裁縫をしている和子。ランドセルを背負ったまま部屋に飛び込む。真っ赤な顔をして息を切らしている菜。
「ふふ、クッキーがどうしたの?」
「あ、クッキーを作りたいのです」
「どうして?」
「あ、ぁ…」
 給食を食べてくれている館野にお礼、とは言えない。口ごもってまっすぐに母の顔を見るしかない菜。幼少の頃から言い訳が下手であった。ウソもつけない。ウソは絶対つくな、これも父義昭の口癖。ウソは言えないので黙っているしかない菜。
「じゃー、ご飯の準備が出来たら教えてあげる」
「ありがとうございます」
 大きな声で頭を90度下げる。一般的な親子とは言えない。小西家独特の会話であった。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

小説・菜その14

 相変わらず給食を食べることが出来ない菜。それを放課後、館野が食べるの繰り返し。食べ終わると館野はさっさと運動場に行って走り回る。もう6月になるが、菜が館野と一緒に帰ったのはあの日一日だけ。
「もう、4時になりました。学校にいる人たちは帰りましょう」
 6年生の声で放送される。教室で本を読んでいるとあっという間に4時になる。今日も館野とは帰れそうにもない。館野は放送を無視して暗くなるまで走り回っている。
『そうだ、お菓子をおかあさまに…』
 館野にお菓子を作って渡したら喜んでくれるかもしれない。母はお菓子作りも上手だ。作り方を教わろう。菜はそう思うと足取り軽く学校を後にした。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。