AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション★ハタッチその16

 ルイ13世、甘さが半端じゃない。さっき飲んだスピリタスのアルコールのタッチが全然ない。値段が高いと聞いたからかも知れないが、この上ない味わいと感じた。
「じゃー、最後にアルコール度数っと、14度未満って書いてるな。このワイン」
 先生が手に取ったワインにはきれいな絵が描いてあった。左に羊が踊っている。右に葡萄の絵。
「面白いデザインですね」
「あぁ、これ。毎年絵を変えるらしいよ。82年だから9年前か。まだ若いかな。もったいないかもね」
「なんていうワインです?」
「ムートン。ムートン・ロートシルト。下村先生宅にはこんなんゴロゴロしている」
 ワイングラスに注がれた色は濃い。黒さが混ざったような赤い色。
「どう?」
 渋い、甘い、すっぱさが少しある。苦さもほんの少し。
「先生、よくわかりません」
「だろうなー。でもね、ハタッチ。この味がわかる男にならないとダメだよ」
「どうしてですか?」
「ルイ13世、うまいと思ったろう?」
「はい」
「でも、あれは蒸留技術と樽を使った熟成技術との結晶。このワインは農作物を絞ったジュースに酵母を添加、少しの間の樽熟成。いうなれば自然にもっとも近い味」
「……」
「素材の良し悪しが出るのがこのワインとか日本酒の醸造酒」
「……」
「100点の演奏ってどんなんかな?想像した事ある?」
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

フィクション★ハタッチその15

 飲めないってどういう意味だろう。俺は恐る恐るグラスに口を近づけた。
「うわっ。なんです?これ?」
「ふふふ。飲めないっていう意味わかった?」
 唇にスピリタスがふれた瞬間、蒸発した。思い切って口に入れた。入れた途端、口の中でもはじけてしまう。のどを通る前に蒸発する。
「ま、これが純粋なアルコールに近いウオッカの姿です。次、40度のブランデー、いってみようか」
 先生の台所には、なぜか本箱があった。その本箱から出されたのは、きれいな丸い形をしたボトル。真ん中に丸いマークが入っている。そして肩にトゲが生えていた。
「これはルイ13世というコニャックです。ボトルはバカラ。綺麗だね」
 ブランデーグラスに入れて渡された。
「これはさっきと違って飲めるよ。といっても、ハタッチは今回だけで生涯、飲む機会ないかも。これ貴重品だからなー」
 注いだ瞬間から部屋中に重厚なブランデーの香りがする。それだけで、すごい代物という予感がする。
「これも下村先生からいただいたんですか?」
「いただいた…かぁ…。少し違うな」
「え?どう違うんです?」
「いつもはね、下村先生がこれ、持って帰りなさい、って言うんだよ」
「で、これは?」
「サイドボードの中から好きなの1本どうぞって…」
「じゃー、一緒でしょ?」
「違う。ワシ、一番高いの選んでしまった。わかってて。これ1本でアップライトピアノ買えるよ」
「えー」
「ま、いつか恩返しと唱えながら生きてるから、ええかなーって」
 先生はいたずらっぽく笑った。が、俺なら出来ない。そんな高価な物をもらう度胸はない。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

フィクション★ハタッチその14

『これは、小さいときに…、確か…』
 俺は、小学生の時の昆虫採集を思い出した。その時、昆虫に注射する液体の匂いにそっくりだ。
「これが、アルコールの匂いだ。あまり、いい匂いじゃないだろ」
「ええ。薬品とか消毒液とか…」
「飲んでみて。ま、飲めないけどね」

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

フィクション★ハタッチその13

 笑いながら先生は本箱から透明で小さなボトルを手に取った。
「これ知ってるか?」
「いえ」
「スピリタスといウオッカや」
「はい」
「どうしてウオッカができたか知ってるか」
「いいえ」
 ウオッカは蒸留酒。蒸留酒が出来た背景は錬金術にあるらしい。
「何もないところから金を作ろうとして、蒸留技術が生まれた。ワインを蒸留してブランデー、ビールを蒸留してウイスキー、雑穀の発泡酒からウオッカ…」
「はぁー」
 俺は先生が何を言おうとしているのか想像できない。
「芸術の点数ってな、ハタッチよ。ピュアなアルコールに近いと思う」
「はい」
 100パーセントに近いアルコール、蒸留に蒸留を重ねて不純物のない液体が完成度の高い芸術に相通ずると先生は言う。
「スピリタスは98度。飲んでみるか?」
 俺はグラスに注がれた液体の匂いをかいだ。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

フィクション★ハタッチその12

 先生の家へ戻ると台所に通された。大村と息子さんはファミコンをするため2階へ上がった。先生は床下収納庫を開けてワインを出す。
「これは赤ワイン。フランスのボルドーや」
「先生、日本酒だけではないんですね」
「いや、買うのは日本酒。ワインはもらう」
「高いんですか?これ」
「さー、産婦人科のお医者さんがお礼にもらうワイン。高いでしょ」
 先生のピアノの師匠は下村和子先生という。そのご主人が産婦人科の先生でワインのいただき物が多いらしい。
「ワシはなー、ハタッチよ」
「はい」
「下村先生に、お中元お歳暮を禁止されてるねん」
「はー」
「そのかわり、お中元お歳暮をくれるねん」
「へー、いい先生ですね」
「あぁ、大学時代もレッスン代払った事がない。そればかりか、ドイツ人の先生にレッスン行く時、下村先生が払ってくれる。こんな先生いないでしょ」
「大金持ちですか」
「ふふ。お金持ちとか関係ない。金持ちほどケチっていうしな」
「お弟子さん、みんなにしてるんでしょうか?」
「さー、ワシだけちゃうかな。いつか、ご恩返しをする機会が来ると思っている」
「ええ」
「その時に10倍返しをするつもりや」
「わかった」
「何がわかった?」
「先生、俺に焼き鳥おごって、俺が将来有名になってお金持ちになったら、たかろうと思っている?」
「ホンマ、楽観主義者やのー。頼むわ。有名になってワシの老後の面倒見てくれ」

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。