AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖B その47

 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685 - 1750)は音楽史上、最強最高の作曲家である。彼の作品はポリフォニーで書かれている。ポリフォニーを代表する作曲技法はフーガである。そのフーガ、バッハの息子たちでさえ引き継ぐことのできなかった難解で微分積分チックな数学的作曲技法である。
 モーツアルトは交響曲第41番「ジュピター」の第4楽章でそのフーガの技法を使った。フーガの技法と言うより、ストレッタを多用するポリフォニー的楽章を作った。
 Bは自分の交響曲第1番の第2楽章に、このフーガの技法を少し使ってみた。使ってみた、としか言えないほど恐る恐る作曲した。それほど、フーガは難しい。単純に、フーガの作曲が難しいのではない。フーガの技法を使った作品が音楽的、芸術的に価値を持つのが難しい。この後、フーガはBの永遠のテーマになった。実を結ぶのはこれから20年後、Bの晩年、死の直前である。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

産経賞オールカマー

higemasterの予想
 オールカマー、言い換えるとオカマ。オカマに関係ある名前はっと…。
②シャドウげいト…何と言ってもゲイですね。
④トウショウしろっこ…玉抜きはモロッコで手術でしたね。
⑥エアシェイディ…エアシェィゲイ。
⑨ミストラルクルーズ…トム・クルーズはゲイの噂が…。
⑩キングストレイル…キンを取れ=オカマ。

鉄板⑪から馬単で⑪→②④⑥⑨⑩

お遊びで3連単⑪頭で②④⑥⑨⑩ボックス



テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

楽聖B その46

 さて、Bの交響曲第1番にもどろう。ショパンに少なからず影響を与えた出だしの不安定感。続く、第2楽章でBが目指したものは…。
 モーツアルトの交響曲第41番「ジュピター」の第2楽章はへ長調。Bはもちろん尊敬するモーツアルト先生と同じヘ長調にする。第1楽章のテーマはモーツアルト先生そっくりにした。が、第2楽章は少し工夫する。音列、モーツアルトはF-C-A、BはC-F-Aにした。そして、モーツアルトはAの後、GFEと下がる。BはBAGFEと音を少し増やした。そして、符点のリズムを採用。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

楽聖B その45

 ショパンがBから影響を受けたその2。それはスケルツォ。
 Bはピアノソナタと交響曲で多くのスケルツォを書いた。しかし、楽曲の1部として。
 ショパンは独立したスケルツォを4曲書く。Bの影響をほとんど受けなかったと言われているショパン。事実はそうではなかったのだ。へそ曲がりショパンは一番好きな作曲家を嫌いと言った。なんと初々しい。若い女性の「あの人すかん」というセリフ。実は大好きと共通する。
 ロマン派時代、スケルツォに芸術的価値を持たせ、単独曲として作曲したのは、ショパンだけである。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

楽聖B その44

 Bの交響曲第1番のオリジナルアイデア。それは第1楽章の出だしである。何調かわからないように、工夫する。このアイデアをショパンは晩年発展させる。もともと、ショパンは若くから主和音で始めない曲をしばしば作っていた。20才で作ったリストに献呈したエチュード作品10。その12番「革命」は属七の和音から始まる。Bは交響曲第1番で7小節を使ってぼやかした。しかし、調感を持つものはわずか4小節でハ長調と見破る事が出来る。
 ショパン32才の作品、「英雄ポロネーズ」は何調かわからない不安定な序奏を16小節使った。続く最晩年の傑作と言われる「幻想ポロネーズ」は23小節も使う。ショパンの作品群が病的と言われる所以はこのようなところにある。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。