AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖B その32

 モーツアルトのハ短調ソナタの第1楽章。左手のオクターブのトレモロ。個性的で印象的。Bは悲愴ソナタの第1楽章第1テーマでそれを使った。
 第2楽章。モーツアルトの第2テーマを悲愴ソナタの第1テーマに使った。
 第3楽章。モーツアルトは激しいト音の連打を書いた。Bは優しい連打に変えた。
 さらにBはモーツアルト先生のハ短調の幻想曲を勉強する。この曲はもともとハ短調ソナタの前奏曲として作曲された。Bは思う。この幻想曲はあまりにも長く、中身も立派過ぎて、前奏曲としての役割から逸脱している。自分なら…。
 Bは悲愴ソナタ第1楽章において、前奏曲を曲の途中にも再現させるという手法を考え出した。この作曲技法はBのまったくのオリジナルである。そして、モーツアルト先生のメロディー、その他音階の使い方、和音の進行を、Bは研究しつくした。そしてBは、勉強の成果を悲愴ソナタ全体にちりばめる。
 初期のソナタの最高傑作と評価されているピアノソナタ第8番「悲愴」。これは、Bのモーツアルトに対する尊敬と憧れと研究勉強の結晶であった。そして、交響曲第1番も…。
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

楽聖B その31

 Bが好んだのは個性。そのままでも充分個性的変人であったと思われる。が、Bはさらに個性と初めてにこだわった。人と同じのは嫌、といって、先人の研究をおろそかにしない努力家でもあった。
 調性はハ長調に決めていた。なぜなら、自分が最も尊敬するモーツアルト先生の最後の交響曲がハ長調だったから。Bが先人の作品を研究、分析すればするほど、モーツアルト先生の偉大さをひしひしと感じてしまう。
 自分が作る1番目の交響曲のテーマはこのモーツアルト先生のテーマをいただく事に決めていた。わからないようにまねるのではなく、あからさまに、誰が聞いてもわかるように作るつもりであった。
 実はこれより前の作品、ピアノソナタ第8番「悲愴」ハ短調においても、モーツアルト先生のハ短調のソナタの作曲手法とテーマをBは尊敬の念をこめて真似させていただいていた。Bは、モーツアルト先生に近づきかったのだ。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

楽聖B その30

 もともと勉強家のB。徹底的に自分の耳の不調の原因を調べた。もちろん、医者にもかかった。結論、原因不明。しかし、どうやら、梅毒ではなさそう。
『まぁ、なんで、耳の調子が悪いんか、ようわからへんけど、梅毒でないのは確定らしい。あー、よかった。ま、これからは、つまらん遊びをやめて、まじめに勉強しよっと』
 Bはこれ以降、おびただしい傑作を生み出す。テーマはハイドン先生にいただいた「不滅の命」。
 20代に傑作は色々生み出された。が、1曲指名するとすれば、交響曲第1番ハ長調。自信家のB、慎重に慎重を重ね、推敲に推敲を重ねたシンフォニーである。

楽聖B その29

 耳が聞こえにくい、耳鳴りがする。音楽家にとって致命傷である。Bの得意技は、ピアノ演奏。ねっとりとしたドルチェなレガートは女性をうっとりさせる。Bはそれを武器に気に入った女の子を口説いていた。指を早く動かす、大音量で聴衆をうならすなんて、つまらないし、誰でも出来る事、Bはそのように考えていた。少々の耳鳴りなんてバンバンピアノを演奏するに支障はない。しかし、繊細な聴覚がないと、弱音で聴き手を泣かせる事が難しくなるのだ。つまり、女性にもてなくなるかも…、Bはそれが辛かった。

楽聖B その28

 当時、梅毒は不治の病と恐れられていた。Bはかなりビビッタはず。
『ううむ。プラハで遊んだアレが悪かったかなぁ。ベルリンのあの子かなぁ。いやいやその程度でうつるかなぁ。まさかまさか、先天性ではないじゃろうなぁ。ちゃうちゃう、絶対ちゃう。おかんが梅毒なんて考えられへん。っとしたら、ドレスデンのアレか…。心当たりが多すぎてさっぱりわからん…』
 あーでもない、こーでもないと思いめぐらすB。
 現在は、Bの耳の病気は当時のワインに含まれていた鉛が原因、もしくは耳硬化症という病気ではないかと言われている。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。