AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年考

 皆様、今年1年、piano bar TOP WIN、桜咲くころ、拙ブログにお付き合いいただきまして、まことにありがとうございます。いたらぬ点が多々あったことと思います。しかし、皆様の寛大な暖かいお心でこれまで何とか営業できました。ここにあらためて、御礼申し上げます。ありがとうございました。
 本日が2007年の最終営業日でございます。新年は2日から営業いたします。尚、piano bar TOP WINは今まで火曜日が定休日でございましたが、新年2008年からは桜咲くころと同じように無休で営業させていただきます。よろしく、お願いいたします。
 今年は私にとって最も印象深い年でありました。
 食べ物では、天然の大型河豚の味と山里比内地鶏を知ったことです。ジョルジュ氏のお誘いで天然河豚7.85㎏を南の英ちゃん寿司で、また、山里比内地鶏は川西能勢口のイタリアン・アルフェッタでいただきました。それぞれの味は私にとって革命的な出会いでした。
 私事では4月に「バー物語」の出版および、記念パーティをお客さまの多大な協力で開催できたこと。8月に県立芸文センターで歌の伴奏と歌を歌ってしまったこと。雑誌に焼酎のテイスティングが連載されるようになったこと等々。イヴェントの多い年でありました。
 来年にどのような展開が用意されているのか知る由もありません。が、皆様と面白おかしく楽天的、希望的、プラス思考で歩んで行きたいと思っております。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : その他

グラスの雫№3 梅星その14

 梅を洗い終わって、風の森の純米酒と砂糖をあわせる作業をする。市販されてるような一般的な味の梅酒を作るのでは奈良の御所市にわざわざ来る意味が無い。甘くない梅酒を造ろうという意見で一致した。といっても、前例が無いので手探りの状態だ。小さなステンレスの仕込み桶に少ない目の砂糖を加える。熟成は風の森の山本社長におまかせする。仕上げの段階でもう一度集まって最後の調整をすることとなった。さて、どのような梅酒が出来るのか…。楽しみにして風の森のお蔵を後にした。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

グラスの雫№3 梅星その13

 ヘイグと缶コーヒー等を買って梅洗いの現場へ戻ることにする。
「皆さん、休憩。ジュースを買ってきましたよ」
「泉さん、遅いよ。どこまで買いに行ってたん?」
「いやー。自動販売機が無くて駅まで行ってた…」
「うそばっかし。その袋は何?」
 藤枝肇氏に目ざとく見つけられてしまった。
「スコッチ…」
「古いの?」
「まあー…」
 藤枝氏は私が古いスコッチを買うのを知っている。以前、鹿児島の鹿屋の酒屋で古いスコッチを見つけて喜んでいたのを目撃された。
「値打ちもの?」
「いいえ。それほどでは。でも15年は経ってます」
 

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

グラスの雫№3 梅星その12

 御所駅前の小さな酒屋さん。店内の棚にはあまり見かけないバーボンが並んでいた。バーボンは次の機会に。スコッチは…。ヘイグがあった。ヘイグは学生の時に飲んだことがある。まあ、そこまでは古くないだろう。特級と表のラベルに書かれている。容量は750ml。1980年代前半まではヘイグは760mlだった。ふむ。これはそれ以降のヘイグ。特級表示がなくなったのは1989年。つまりこのボトルは、15年以上前のヘイグと考えられる。他には…、これといったものはなかった。ヘイグのみを購入。お代金2000円也。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

グラスの雫№3 梅星その11

 まず封の開いてる方のバランタイン30年。自分の店でさっそく味見。
 甘い。そのそして深い。ピート香は軽くて…、何故か化粧水のような香りが混じる。バランタインの使用モルトは魔法の七柱と呼ばれている。スキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーギ、ミルトンダフ、アードベッグ。それらが混ぜ合わさって出来る味わい。かつて、私がシングルモルトに凝った時、すべて店内にそろえていた。それぞれのモルトを30年以上熟成させ、また、グレンウイスキーも30年以上寝かせる。それらをブレンドした贅沢な逸品。30年樽に寝かせるとどのくらい目減りするのだろう。倉庫代も馬鹿に出来ないだろう。そう考えると正規の8万円は高くないのかも知れない。

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。