AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の思い出その19

 何をやっても褒められていた小学校3年生の時から成績は良くなったのですが、岸本先生、教える以外にも色々仕事が出来たようで教育委員会に行ってしまいました。で、4年生の時に私の前に立ちはだかったのは入口先生。女性です。私はどうやら小学校の時には女の先生と相性が悪かったようです。あれだけ面白かった学校の授業が、またまたつまらなくなってしまいました。自分の6歳から18歳までの授業を受けた経験と教員の経験で言わせていただけるのなら…。面白くない、下手な授業をする教員は勉強しなおしていただきたい。もしくは教員に向いてないのでおやめになっていただきたい。小学校の授業崩壊といわれている昨今ですが、父母のしつけ欠落以外に教員の授業テクニックの欠如にも一因があると考えます。子供に知らない世界を教えるチャンスをたくさん持っている小学校の先生方。面白い授業をする先生は生徒から尊敬されるし慕われる。結果、その先生から事の善悪、常識を身につけて素直な子供に成長出来る。大学を卒業して専門課程を終えてすぐに先生になる、なれる現在の学校。そこには、授業テクニックを身につけていない教員がたくさんいます。若手でもセンスの良い授業が出来る先生もいます。逆に年だけとって目と耳を覆いたくなるような授業しか出来ないベテランもたくさんいます。入口先生はどちらかというと退屈系のベテランでした。またまた、私の妄想癖が復活します。
スポンサーサイト

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

小学校の思い出その18

 小学校3年生の担任の先生は岸本先生。戦地に赴いたときの爆撃で片方の耳が聞こえないとおっしゃってました。この先生に勉強の学習とテストの答え方を教わりました。なにしろ授業が最初から最後まで面白い。もう、テストで母にしかられることはなくなりました。しかし岸本先生、ただ一つ出来なかったのが音楽です。オルガンが弾けなかったのと歌もあまり上手ではありませんでした。私は音楽の授業の度にオルガンを弾かされてました。楽譜を見て、かってに幼稚な伴奏を付けたのですが、音楽の苦手な岸本先生には神童を見る思いだったのでしょう。褒めて褒めて褒めちぎられました。生涯においてあんなに褒められたことはありません。人生のどの頃に戻りたいですかと訊ねられれば私は最初に思いつくのが小学校3年生と答えると思います。

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

小学校の思い出その17

 その時、遊び友達が5,6人いました。3個ずつぐらいを皆で食べました。今でも思い出せます。感動的な美味しいシュークリーム。あっという間にたいらげました。昭和40年の国家公務員の初任給を調べますと21,600円です。今だと小学校2年生の男の子が1万円のお菓子を食べてしまった事になるのでしょうか。ひどい話ですがお金の価値がぼんやりしかわからない私にはとっても幸福な時間でした。夕方母に報告しました。1000円全部使ってシュークリームを食べたこと、皆喜んでいたこと、とっても美味しかったこと。どのようにしかられたかは思い出せんが、かなり母親を怒らせたようです。この血統は私の息子にも受け継がれてしまったようです。10才の時、お祭りの夜店で300円のくじを33回くり返して息子はあっという間に10000円をガラクタの山に変えてしまいました。

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

小学校の思い出その16

 近田先生に教わったのはメトードローズとブルグミュラーでした。とっても優しい先生で私の誕生日にプレゼントをいただいたりしました。その時にいただいた寒暖計はピアノバートップウインのトイレの入り口横に掛かっています。2年生の時はシュークリーム事件がありました。シュークリームは高価なお菓子でめったに口に入れることが出来ませんでした。多分、お正月のお年玉がたまっていたのでしょう。1000円札を持ってシュークリームを買いに行きました。当時1円であめちゃんが買えた時代、シュークリームは一つ30円くらいだったと記憶します。しかし買えるだけ買って20個くらいと思っていたので一つ50円だったのかもしれません。

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

小学校の思い出その15

 小学校1年生の時に教えていただいていた中山先生は私が2年生になる前に引越しをされました。で、中山先生の友人である近田順子先生を紹介されました。甲子園は自宅から自転車で20分位の距離でしょうか。田園風景の武庫之荘を自転車で通いました。その当時はため池が多くてのんびり釣り糸を垂れている大人の方もいました。住宅が少なく家を出てしばらくすると2キロ弱先の阪急武庫之荘の小さな駅が見えたほどです。
雨が降るとため池から亀が這い出てきます。晴れてからため池近くの水溜りを探して亀を見つけるのが楽しみでした。昔のこと、ため池の周りには囲いもなく、小さな子がよくはまりました。死んでしまった子供もいると聞きます。ため池から流れる川にはたくさんのアメリカザリガニがいました。一匹とって皮をはいで糸にくくります。ザリガニの肉でザリガニを釣るのは幼い私たちにはとっても楽しい遊びでした。

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。