AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バー物語(フィクション)№124

 「それって地震じゃないの?」
 「ジシン?」
 そこにいた全員が大声で復唱した。
 「それはないよ」
 高田先生が言う。
 「関西には地震が来ない。常識じゃん」
 「そうそう、地震は伊豆の専売特許でしょ」
 「…そうかな。7,8年ほど前のサンフランシスコの地震の時も来ないって言われていたんだよ」
 大山先生は皆と対照的に低く静かな声で語った。いつも駄洒落ばっかし言っている人とは別人のように。
 「仮に来たとしても日本の高速道路なんかはアメリカと違って地震対策ばっちりでサンフランシスコのように崩れたりしないでしょ」
 「見た見た。テレビで。アメリカの高速走路はチャッチイね。ボテーと倒れていたよ」
 「やっぱり祟りだよ」
 「そうだそうだ」
 「ところで泉さん、今日はまっちゃん来ないの?」
 ちゃんこ鍋屋さんのママが話題を変えた。
 「はい。今日は西田さんの家で新年会です」
スポンサーサイト

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

バー物語(フィクション)№123

 1995年1月16日月曜日。昨日の日曜日が成人の日だったので世間はお休み。土曜日も休みの会社だと3連休か。最初に来てくれたのは若い女性。イチゴのフローズンをお出しした。何か甘くて、アルコールがよわくて、変わったお飲み物をというオーダーだった。彼女は小説を読みながらゆっくりと季節はずれのフローズンを無言で食べていた。世間がお休みのせいかお客様が続かない。9時過ぎに大山先生と高田先生が来られた。大山先生は西宮にある名門女子高の生物の先生。趣味はカメラでその日もカメラを持ってこられた。駄洒落が好きでいつも回りのお客様を笑わせる。高田先生は整体師。謡曲もできるらしい。が、誰も聴いたものはいなかった。ハーモニーのマスターとちゃんこ鍋屋さんのママも顔を出してくれた。ようやくいつものトップウインらしくなってきた。
 「坂田さん、どうです?お祓いの効果が出て招き猫の鈴が鳴らなくなったでしょう?」
 「マスター、やっぱりダメです。最近もっと大きな音で鳴り出して。不気味だなー」
 「え?猫の鈴が?」
 大山先生が会話に入ってきた。

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

バー物語(フィクション)№122

 「よかったねー。トップのマスターがお祓いの仕方を知ってて」
 女の子は手をたたいて喜んだ。
 「ここで一番高いお酒を飲むといいよなんて言わないでしょう?」
 む。鋭い。そう言おうと思っていたのに。何か言ってとりつくらなければ…。
 「色々な方法がありますが…」
 「ふんふん、それで?」
 「坂田さんが振った女性の数だけろうそくを立てて毎日招き猫様に祈るんです」
 「女性を振ってないっちゅうねん」
 坂田さんはムキになって私に抗議した。
 「マスターはだまってて。ふんふん、それから?」
 「悪かったぁ、許してくれぇとお店が始まる前に10回となえてください」
 「うわー。効きそう。マスター、毎日やってね」
 「もう、怒った。こんな店もう来ない」
 坂田さんはそれほど怒った様子もなくギムレットをおかわりした。
 

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

バー物語(フィクション)№121

 「招き猫の首についている鈴が勝手にチリンチリンと鳴り出すんです」
 坂田さんはこちらをジッと見つめる。
 「それは電車が走った時の振動…」
 坂田さんは右手を上げて私のしゃべるのをさえぎって続ける。
 「今までそんなことなかったんです」
 「ねー、不思議でしょう。それがお客様のいない静かな時にかぎって鳴るんです」
 アルバイトの女の子が付け加えた。
 「それはきっと…」
 私は一呼吸おいた。
 「きっと…なんですか?」
 坂田さんと女の子はユニゾンで話した。
 「きっと祟りです」
 「やっぱり」
 女の子が首を大きく縦に振った。
 「マスターが振った数多くの女性の祟りだわ」
 「違います。オレは女性を振ったりしません」
 「ま、いずれにしても持ち主に付いた祟りでしょう。私はお祓いの方法知ってますよ」

テーマ : 連載小説
ジャンル : 小説・文学

9代目おでんでん(日本酒)

おでんでんは徳島の池田は今小町さんで醸していただいてる日本酒です。田植えから稲刈りまで全て手作り。もちろん完全無農薬です。私も田植えと稲刈りに参加しています。今日は初絞りに来ました。おでんでんは3種類あります。佐那河内のお米、鷲敷の米、八北のお米。佐那河内は酸が2.1もあります。食中酒を意識したと造りです。鷲敷はどっしり旨味が乗ったタイプ。八北は大変透明感のある仕上がりです。近々桜咲くころとピザ&パスタトップウインで飲んでいただけます。お楽しみに。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。