AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東照閣(広東料理・西宮)

西宮の171号線沿いにあります。知る人ぞ知る、知らない人はまったく知らない。そんなちっぽけなお店です。今津中学校の吹奏楽部出身なら、神様と同じくらいの位置を占める得津先生がよく行っていたお店としても有名です。え?得津先生をご存じない?ううむ。ネットで調べてちょ。3坪から4坪のお店です。カウンターだけの6席。すごい。トップウインの一号店と同じくらいの広さです。2階は宴会で使えます。私はいっつもチャンポンを食べてます。大将は昭和20年生まれ。還暦です。どんな注文が通っても手早く見事なスピードで出てきます。昔は、「食べ残しは100叩きの刑」と書いてありました。今はもうその張り紙はありません。でも、私は昔の張り紙のイメージが頭に残っているのでスープもお茶も全部いただきます。決してくつろげるというお店ではありません。また、入れたらラッキーというぐらいの繁盛店です。でも、お腹空いたぁ。中華食べたぁーい。という時にはぴったりです。味のレベルですか?その辺の有名中華には負けませんよ。いや、勝ってるかも。
スポンサーサイト

梁山泊(居酒屋・十三)

外見も、中も雰囲気のあるお店です。歴史を感じさせます。入り口近くに小さな古い柱時計が動いてました。カウンターのみ12席くらい。テレビがあって野球中継を放映してました。愛想のあまり良くない店主ですが、不快ではありません。たこ酢、豚シャブ、海老の揚げたのをいただきました。そこそこそいい材料を使っています。美味しかったんです。注文のたびに作るのではなく大鉢に入れたのを、小さなお皿に移すだけです。居酒屋さんの基本かな。ビールもグッド。一人か二人で軽く一杯。そんなお店です。また行って見たい、そんな感じをもたせます。

7月31日小倉第10レースKBC杯

枠連6-8、2-8、8-8

7月30日。新潟第11レース

たった1頭のサンデーサイレンス産駒ワディラムにかけます。枠連5-5.4-5.3-5.

アンジュ(洋食・十三)

つい最近オープンしたらしい。アンジュとはフランス語で天使の意味。エンジェルと一緒かな。まじめそうなシェフと軽いノリの若いサービス係、二人で回しています。内装は洋風居酒屋さん。掘りごたつのお座敷があります。輸入元徳岡の2001年のムルソーをいただきました。5800円。リーズナブルだなぁ。海老のソテーのサラダと自家製のベーコンとそのベーコンを使った塩味のパスタと牛タンの赤ワイン煮を食べました。自家製ベーコンはわが社よりも軽く燻製しています。お料理すべて味もしっかりしています。ごっついおいしいというよりもほのぼのとうまいというお料理です。一度リトマス氏中島シェフに鑑定してもらおうっと。アンジュのシェフ曰く、『町の食堂をめざしています』だからか、1000円以下のメニューが充実していました。
プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。