AX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fumfum Study Concert Ⅶ第1部 その5

13. 三宅艶花
バイエル:練習曲 83,88,94番
元気よく弾けていてよろしい。欲を言えば止まらずに弾けたら良かったね。

14. ソプラノ:松平舞似 (ピアノ伴奏:南歩花)
①山田 耕筰:この道
②スカルラッティ:歌劇『ピッロとデメートリオ』より 「菫」
③プッチーニ:歌劇『ジャンニ・スキッキ』より 「私のお父さん」
①しみじみと歌う。まったく大げさな表現をしない素直なこの道であった。
②バロックは難しい。楽器でも歌でも地が出てしまう。よくがんばりましたね。
③あまりにも有名な曲。よく練習して手の内に入れているのがわかる。

15. 西有紀子
メンデルスゾーン:ロンド・カプリチオーソ
非常に難しい曲を、練習時間も少ないであろうに、がんばって弾きました。彼女は、ステージの準備も、いろいろ手伝ってくださって、とても良い方です。

16. 白川美幸
ラヴェル:ピアノ協奏曲 第2楽章(サマズイユ編曲)
ラヴェル独特の、地味に意地悪に息の長い盛り上げる手法をよく表現できていました。

17. もりの くるみ
①ドリーブ:バレエ『泉』より グランドワルツ「ナイラワルツ(花の踊り)」
②グラズノフ:ワルツ 作品42-3
③ゴメス:華麗なる大円舞曲
①ワルツを3曲集めた1曲目。セクシーくるみ。
②少し早い目のテンポで雰囲気はよく出ていた。
③ほとんど無名に近いワルツではなかろうか。くるみが世に広めていると言って良いと思う。感心する。タイトル通り華麗な曲であった。

18. 山根乙幾 (ピアノ伴奏:金谷優里)
サン=サーンス:ファゴットとピアノのためのソナタ
縦のリズムを重視しがちなこの曲を山根は横のメロディに重きを置いて、聴衆に色風を感じさせることに成功した。特に第2楽章は退屈させずに立体的に表現していた。第3楽章の第1テーマも推進力があって良かった。




スポンサーサイト

fumfum Study Concert Ⅶ第3部 その1

49.笛と太鼓:うなてたけし
   書:なずなゆうこ
なんともとぼけた人物と演奏である。一度会ったら、ほとんどの人がとりこになってしまう、そんなキャラクターを持つ彼らである。こればかりは聴いてもらわなあきません。会ってもらわなダメですな。隣の人間国宝に認定されたのもわかります。今後の活躍に要注意、注目です。

fumfum Study Concert Ⅶ第2部 その1

31.喜多計夫 ピアノ:金谷優里
①モーツアルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
②ハロルド・アーレン(広田圭美編曲):ミュージカル映画『オズの魔法使い』より 「虹の彼方に」
③モンティ:チャルダッシュ
①世界初の電子楽器テルミンの演奏。喜多は、のほほんとしたキャラクター。テルミンを演奏するために生まれてきたと言っても過言ではない。こういうゆっくりした曲は、音程がはっきりしない楽器には不利だが、喜多はそのあたりをうまく処理して演奏する。
②力みのないメロディー。どこか、静かな田舎を散歩しているときにおもわず口ずさむような、そんな感じの喜多であった。
③難曲である。クールに演奏する喜多。今後、彼のファンは間違いなく増えるであろう。

宗玄山田錦純米吟醸長期低温熟成酒500ml

宗玄山田錦純米吟醸長期低温熟成酒500mlは2005年より蔵内で7年間氷温熟成された日本酒です。兵庫県産山田錦を55パーセントに磨きました。
宗玄は創業1768年の古い歴史を持つ石川県のお蔵さんです。この酒は兵庫県産山田錦ですが、元々、このお蔵は地元の能登杜氏が地元の米と地元の水にこだわりながら酒を醸し続けてきました。
さて、テイスティングです。
香りはゆるい目の吟醸香。控えめです。熟成香はありません。
味は、苦みがあります。経験的に優れた日本酒はこのタンニンに由来する苦みを持っております。舌の奥に酸味を感じます。全体的に生き生きしたフレッシュさを感じます。いわゆる長期熟成酒のイメージはありません。私流に言わせてもらえば、これは正統的な熟成酒です。
1982年でしたか。今から30年前に、三宮の吟醸というお店で生まれて初めて熟成酒をいただきました。秋田の白瀑の3年物です。この宗玄山田錦純米吟醸長期低温熟成酒はそれに通じる新鮮な味わいを持つ熟成酒です。
皆さん、だまされてはいけません。熟成酒とは本来、このようなフレッシュ感を持っているものなのです。ぞうきん臭のする不味い熟成日本酒をありがたがるのは私に言わせればバカです。こういった不味い日本酒を燗にするといいなんて。プッ、です。お笑いです。まー、味は好みですから否定はしませんが、そんなお酒をおいしいという方とはお友達にはなりたくないですね。
宗玄山田錦純米吟醸長期低温熟成酒500mlは1500円。おススメ。
酒の大宗にあります。売り切れごめん。078-452-2328 神戸市東灘区本山南町9丁目7−23

第3回常楽寺コンサート「お寺でバッハ」

4月15日午後2時開演
常楽寺:加古川市東神吉町1413
    電話079-432-3866
当日会場で泉に合言葉「打ち上げ参加させろ」
で、TOPWINでの打ち上げ料理代タダで参加できます。来てね。
打ち上げ午後6時予定。

天才松井綾里(10才)のバッハ:インヴェンション全曲聴く価値あります。

プログラム
前半:すべてバッハ
①インヴェンション第1番~8番 松井
②平均律第1番、2番 江里
③インヴェンション第9番~15番 松井
④2台のヴァイオリンのためのコンチェルト 坂本、藤井、泉
休憩
後半:いろいろ名曲集
①モーツアルト:ピアノソナタ第11番より第1楽章、第3楽章「トルコ行進曲」 江里
②マスネ:タイスの瞑想曲 藤井、江里
③気分次第で:坂口
③ジブリ名曲集:坂本、藤井、泉
 となりのトトロ
 もののけ姫
 千と千尋の神隠しより「あの夏へ」「いつも何度でも」

出演者
松井綾里
西宮市立生瀬小学校5年生

藤井順
芝浦工業大学電気電子情報工学専攻卒業
3歳よりヴァイオリンを習い始め、現在は会社勤務する傍ら
アマチュアオーケストラや様々なコンサートに出演

坂本勝
兵庫県姫路市に生まれる
関西学院大学法学部卒業
『絃楽器NOSE』に弟子入り
西宮にて、『絃楽器NISHIO』として独立開業
現住所に移転し、『絃楽器MASARU』に屋号改名
日本で一番予約の取れにくい工房として有名である

泉高弘
京都市立芸術大学音楽学部卒業
元日ノ本学園音楽科、県立西宮高校音楽科講師
現在、西宮で「桜咲くころ」「piano bar TOPWIN」経営

ゲスト
江里俊樹
東京大学医学部医学科卒業
オーケストラと多数共演
ソロ・アンサンブルなど多方面のコンサートに出演している
東京大学医学部付属病院アレルギー・リウマチ内科医師
東京大学大学院医学系研究科博士課程在学

坂口知子
ヤマハ音楽教室システム講師、ヤマハ大人のレッスン ポピュラーピアノ講師。
泉とはかつて高2の担任、学級委員長の関係


プロフィール

higemaster

  • Author:higemaster
  • 桜咲くころ=淡路島の地鶏焼きをメインに熊本直送馬刺し、鹿児島の親鶏、黒毛和牛のてっちゃん、ほか、おいしい一品料理を楽しめます。また、日本酒、焼酎、ワインがリーズナブルに楽しめます。
    ピアノバー・トップウイン=1935年製の古いスタインウェイのグランドピアノがたまに鳴ります。ワインを中心にカクテル、シングルモルト、日本酒、焼酎等できるだけ品質の高いお飲みものをそろえるように努力いたしております。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。